プロフィール

東京生まれ。8歳での初リサイタル以降、国内及びヨーロッパでの演奏活動を続ける。武蔵野音楽大学附属 高等学校、武蔵野音楽大学を卒業後、ベルギーエリザベート王妃音楽院に入学。在学中に王宮での御前演奏を初め、ベルギーの主要なコンサートホールであるパレ・デ・ボーザールでベルギー国立オーケストラと共演を果たす。またフランスのマントン音楽祭にも出演し好評を博す。2008年、アディラ・アリエヴァピアノ国際コンクール(フランス)第2位。同年エリザベート王妃音楽院を最高得点で卒業。2009年、紀尾井ホールでのリサイタル後、再渡欧。フランスのエコールノルマル音楽院でピアノを、2011年からはパリ国立音楽院の大学院課程でリート伴奏科に入学。以降、伴奏者としても活動し、2013年チェリスト、アラン・ムニエ氏の講習会、2015年ベルギー人指揮者フィリップ・ヘレヴェーゲ氏率いる合唱団コレギウム・ヴォカーレ・ゲントのプロダクションに参加する。2018年からはヴァンセンヌ国際講習会、各地の講習会でも活躍中。

これまでにピアノを重松万里子、重松聡、エリザーベト・トウシャ、アブデル・ラーマン・エルバシャ、ジャンマルク・ルイサダ、テオドール・パラスキベスコ各氏に師事、伴奏をエマニュエル・オリビエ、アンヌ・ル・ボゼック各氏に師事。

現在サヴィニー音楽院及びヴィニュー・シュール・セーヌ音楽院(パリ近郊)のピアノ講師及び伴奏員。

OndaFumie-17.jpg